荷物の運び方

今後の動向についての予測

経済が活発化するとき、企業の配置換えや組織替えも激しくなります。仕事の都合で人間も適材適所へと振り分けられ、人事異動も決算期に関係なく行われます。 最近では、辞令がおりてから引越するまでの日数もタイトになってきています。そのため、自動車も自分で運転して転勤先へもっていく余裕もなくなります。こんなときは陸送に限ります。トレーラーに積まれて引っ越し先に届けられます。 単身で動く場合でも、不便な場所に行く場合、最低の身の回りの物のほか、自動車が必需品になる場合もあり、陸送は不可欠です。 自分が運転して赴任先にいけば、その間の疲れも出ます。異動してすぐ勤務につかなければならないと、かなり負担が考えられます。

注意すべき点(気を付けることなど)

陸送の場合、引越荷物とは別便で配送されるので、受け渡し・受け取りの日時を引越日の前後にあらかじめ決めておく必要があります。そのため、引越当日には自動車は使えないですし、島など遠い場合、思い通りの受取指定日というわけにいかないことも発生します。 また、車を陸送専門業者に預けるので、貴重品を自動車に残しておかない様注意する必要があります。ポータブルナビも備品として注意事項に書いておいた方がいいです。 また、陸送中にはいくつかの中継があり、数人の人の手によって動かされますので、傷がついていないか、受取サインをする前に確認することが望まれます。 また、小さな陸送会社や安い所では、陸送車も詰め込まれる可能性が高いので傷つく可能性も考えておいた方がいいです。