引越しは任せよう

最近では、グローバル化しているため、多くの方が海外へいくというのがありますが、その際に引越しは様々な手間があるので、多くの方が利用する用になっています。そこで海外に引越しする際に役立つ知識をお教えします。

続きを読む

荷物の運び方

近年の引越し業者は一般的に陸送を行ないます。陸送は時間をかけずに運ぶことができるので多くの方が陸送を選択して引越しを行ないます。引越しの際にはこの様な荷物の運び方などもしっかりと確認しましょう。

続きを読む

引越しの見積もり

引越しにはお金がかかります。基本的には高い時期と安い時期があるので、一度引越し見積もりを行なってから引越しを考える方も多いので、引越しの見積もりしてからしっかり引越しの時期を考えましょう。

続きを読む

引越しの価格

引越しは日本国内でもかなり大変なことですが、海外に引越しをする際にはもっと大変です。海外の場合は国内の引越しよりも価格的に高くなるのでしっかりと良い業者を選択する必要があります。

続きを読む

海外へ引っ越す際に

各業者に見積もり依頼をすることで引越しで格安料金の業者が見つかります。コチラではランキング形式に業者が紹介されています。

一つの業者ではなく複数の業者に依頼しましょう。引越しの比較をすることでどの業者が良いか判断することができます。

海外なのできちんと準備しよう

海外に引越しするには通常より面倒です。国内での引越し以上にきちんと業者を選びましょう。複数の引越し業者に見積りを出すほうがよいものになるでしょう。料金以外にもポイントがあるのです。現地において日本語サービスの有無や荷物への保険などです。ほかにも関税や通関手続きや検疫などにアドバイスをきちんともらえるかも基準にしましょう。海外は環境が異なりますのでレトルトのご飯など持って行くのも便利です。健康面は、ビタミンCなどのサプリメントで応対しましょう。その他ホッカイロや体温計、生理用品や常備薬を持っていきましょう。日本人向けスーパーなどあるところもあるそうです。食料品や野菜や調味料は現地でも手に入るそうです。化粧品などはお土産として人気が高いので持っていくといいでしょう。

引越しには結構かかる

引越し代を繁忙期以外に支払ったほうがお得です。海外への移転の連絡をすると引越しの日に職員が来てくれるそうです。精算を行ってくれるそうです。当日以外で支払いは新居へ請求書が送られます。そのまま口座から引き落としてもらうこともなので便利です。海外へ引越すには船便と航空便の2種類あるのです。船便も航空便も料金の計算の仕方があり日本側輸出料金と海上運賃と外国側輸入料金と関税で計算します。水道の手続きは各自治体により異なる場そうなので確認しておきましょう。海外への引越し料金は、引越し業者によっては国内よりも料金が変わるそうです。NHK、郵便、新聞などの手続きもしておきましょう。NTTの電話一時預かりは、「一時中断」と「利用休止」の2種類があるそうですので気をつけましょう。